香典の相場は法事により金額が変わる

葬式に参列する場合、必ず「香典」を持参しますよね。この香典の意味はそもそもなんでしょうか。

香典とは、故人に対する供養の気持ちを表わすものであり、線香や花の代わりとして法事・法要の際に持参します。この辺を知ってる人は意外に少ないかもしれませんね。法事の場合、年を経るごとに、次第に遺族による追悼が中心となっていき、遺族以外の参列者は特に故人と親しかった人やお世話になった人のみとなります。

故人に生前お世話になった方はその恩を忘れず、参列し手を合わせに行きたいものです。お世話になった故人や遺族に失礼が無いように香典を用意したいところ。そこで香典の基本的なマナーを紹介したいと思います。「香典を持参する時期」香典はお通夜か葬儀の時に持参します。

通夜・葬式のときと、法要の時はのし袋の表書きが異なるので注意して下さい。法要の香典は初七日をはじめとし、四十九日までの間、法要は七日ごとにあります。またその後も、百箇日、一周忌、三回忌と三十三回忌まで続きます。「お金の入れ方 お金の包み方」お札を入れる場合、顔のある方をが見えないように裏向きにするという説もありますが、気にしなくても良いという説もあります。

それはもう人それぞれなのですが、気にする人もいるので川が見えない様にして入れた方が無難かもしれません。二枚以上のお札を入れる時には、お金の向きだけは揃えて入れるようにしてください。「新札は用いない」不祝儀には新札は用いない方が良いとされています(地域によってマナーが異なりますがやはり新札は用いない方が無難です。

どうしても新札しか手持ちがない場合には、一旦二つに折ってから袋に入れてください)。出来るだけ香典用に相応しいお札を用意しておくのが理想ですね。逆に汚れたお札、破れたお札、シワだらけのお札も失礼にあたりますので注意して下さいね。「香典の金額ですが」香典として包む金額は、故人とのおつき合いの深さによって変わってきます。

通常、故人にお世話になった場合以外に、故人の遺族とおつきあいがある場合にもお悔やみの気持ちを込めて香典を包みます。 1.故人と血縁関係がある場合 10,000円~30,000円 ※夫婦で出席する場合20,000円~50,000円 2.故人と血縁関係がない知人・友人 一般的なお付き合い5,000円~10,000円。お世話になった10,000円~30.000円。と金額は故人との関係によって変わってきます。

これは、本土での一般的な金額になりますが、やはり地域によって異なってきます。基本、冠婚葬祭での偶数金額は「また繰り返す」とされていて奇数が良いとされてると聞きますが、これも気持ちなのであくまで人それぞれ。ですが、奇数金額を入れた方が無難かもしれませんね!香典を用意したら、渡します。

順序は記帳を済ませてから、香典を渡します。香典をふくさから取り出し、受付係の人から見て名前が読めるように向きを変え、両手で香典を持ちます。「どうぞご仏前にお供え下さい」などと一言添え、一礼しながら手渡しします。

受付係はお礼を述べて香典を受け取ります。香典を渡せたら、故人にいよいよ手を合わせに行きますが、香典だけでもこれだけのマナーがあります。マナーはしっかりと覚えて法事に参加しましょう。