法事に使用するお供え物は新鮮な物

法事の際には、お供え物が必ずされてますよね。そのお供え物ですが故人の追善供養の儀式として行われる法要。そんな法要に持参するのが、お供えです。

お供えに用いられるのは香典(供物料)かお菓子などのお供え品のどちらか。特にお供えの品は、故人を偲び、故人に捧げるものとして、故人の好きだったものなどを選ぶのがふさわしいとされています。

故人が好きだった物が分からなかったら家族に聞いてみるのもいいですね。とても喜ばれると思います。ここでお供えのマナーとして法要のお供えにはお菓子やフルーツなどが多く用いられています。

他の方々もお供えを持参することを考えれば、日持ちするものや趣向を変えたものというのが遺族には嬉しいかもしれません。たくさんの物がお供えされますからね。

地域によっては法事の後にお供えを皆で分け合うという所もあり、個別包装になっているものが好まれます。沖縄ではよく分け合いますね。お供え物を分ける時に家族でワイワイにぎやかになるので仏壇の前が明るくなって楽しいひと時でもあります。きっと故人も笑ってるのかなと考えたりします。

ここでもう一度。法事のお供えは誰よりも故人に捧げるものですから、故人が喜ぶものを選ぶのが一番良いでしょう。お供え物ののしですが、四十九日までは黒白、それ以降は双銀の結びきりの水引がプリントされたものを選び、表書きは「御供」「粗供養」などとします。

下段には名前を記したほうが良いでしょう。四十九日前と後ではのしが違うので気をつけるポイントですね。名前も書いていたら持ってきた事が分かるのでお忘れなく。

手渡し時ですが、法要のお供えは自分で勝手に仏壇に供えるのはマナー違反。必ず施主の方に手渡し、「御仏前にお供えしてください」とお願いするようにします。やむをえず法要に出席ができずお供えだけ贈りたいという場合は、郵送で前日までに届くようにしておきます。

地域によってはそのままお供え物を本人が仏壇に置く場合もあります。一般的にはひと声かけて施主の方に渡すのがいいかもしれませんね。お供え物として、物ではなくお供物料として現金を包む場合は表書きは「御供物料」や「御仏前」とか書きます。

四十九日前であれば、御仏前ではなく御霊前と書きます。ただし、宗教などによっても違います。お金の袋は上包み、上側をした側にかぶせるようにします。ここでも名前をフルネームで黒いペンなど書きます。

お供えをする時もたくさんのマナーがあるので覚えていたいところですが、結構細かいところがあるので法要や法事に行く際には事前に頭に入れておき、失礼が無いようにしたいですね!