主に行われている法事の種類を学ぶ

法事とは、故人の冥福を祈り、霊を慰めるための行事です。故人をの供養のために行われるもので、仏教用語で「追善供養」とも言います。

この追善供養が法要とも言います。故人があの世で良い報いを受けられる様に祈り、供養するもので最近では法事と法要は同じ意味とされてますが、正確には「法事」は法要を含むその後の食事の席などの全体の事を言い、「法要」とは住職にお経をあげてもらう事を言います。

告別式などが終わった後に最初に行われる法事。初七日ですが命日を含めて7日目に行います。初七日までは基本お客さんも多くパタパタしてますよね。しかし、最近では、葬式当日に初七日を済ませておくという事も多くなっています。

初七日は仏教の世界にの話になりますが、故人が三途の川のほとりに着くと言われてます。故人の生前の行いにより成仏できるか判断が下される大切な日になります。故人が無事に成仏できるように法要を行います。初七日が終わり、二七日・三七日・四七日・五七日・六七日・七七日・四十九日。という感じに死後七日ごとに四十九日まで法要があります。

これらを忌日法要(きびほうよう)と言います。私の父が亡くなった時には、葬式と一緒に四十九日まで一緒にやりました。今はこうやって出来るんですね。四十九日まで一緒に済ませたんですが、四十九日にあたるその日は仏壇がある祖母の家に集まり、家族で食事して線香を立てました。

この四十九日で「忌明け」となり、香典返しは、忌明けの後に無事忌明けが済んだことのお知らせや、お礼の挨拶もかねて贈られる事が一般的となってます。しかし最近では先ほど述べた様に、忌日法要が簡略化されることが多くなってるので、よく知られてる法要が、初七日・四十九日・一周忌となります。四十九日後の法要は「百か日」「一周忌」と続きますが、最近では百か日は簡略化される事が多いので、一周忌は「年忌法要」で最も大切な行事になります。

一周忌にはまた多くの人が集まり故人を偲ぶ姿が見られますね。「年忌法要」には一周忌の後に、三回忌・七回忌・十三回忌・二十三回忌・二十七回・三十三回忌・五十回忌と続きます。

三十三回忌もしくは五十回忌で法事を終了し、それを「弔い上げ(とむらいあげ)」と言います。最近では、五十回忌まであまりやる事はなく三十三回忌で弔い上げになる事が多いようです。

法事の日取りを決める場合は、参列者が集まりやすい休日やお坊さんの都合に合わせて日取りを合わせてもいいのですが、亡くなった日より後に行うのはよくありません。しかし、地域によって亡くなった前の日よりも後の方が良いというところもあり、地域によって変わってくると思います。大切な故人を偲ぶ法事、法要。行われる場所では故人の思い出を語り、冥福を祈る大切な日になるように過ごしたいものですね。